さいとう万紀子と羽生市わくわくまちづくり

埼玉県羽生市議会議員のさいとう万紀子のブログ。日々の様子やまちづくり活動を報告しています。

令和4年度12月議会その3〈男性職員の育休取得〉

こんにちは、羽生市議会議員のさいとう万紀子です。今日は12月議会の常任委員会が開催され、予算や条例に関して様々なことを確認してきました!こちらについても追々ご報告していくのですが、今回は12月6日に一般質問で取り上げた、羽生市役所における男性職員の育児休業取得について、皆さまにも知っていただければと思います。

f:id:wakuwakutown:20221208135223j:image

(夏に生まれた友人の赤ちゃん、写真どうもありがとう!)

ーーーーーー

羽生市役所における男性職員の育児休業取得についてお伺いします。今年の4月に「育児・介護休業法」が改正され、10月からは男性も育児休業を取りやすくするための「出生時育児休業」いわゆる「産後パパ育休」が始まり羽生市でも今議会に職員の育児休業等に関する条例が提出されています。改正の背景には、依然子育てや家事、介護の負担が女性に偏った状態にあることや男性の育児への主体的な参加を促すこと、そしてなにより子どもを産み育てやすい環境つくる、という目指すべき社会の形成があります。男性の育休推進は、中長期的に考えれば人事戦略上のリスク管理である同時に働き方改革でもあり、、日経新聞が行った調査では、就活中の20代男女の97.8%が男性の育休に賛成しており、就職先を選ぶ際に「男性の育休取得促進に注力する企業を選びたい」との回答が73.8%に上ったと報告されています。子育てに限らず、介護や病気は誰にでも起きることであり、育休取得が進んだ企業では「お互い様の精神」が広がり、仕事と育児を両立しやすくなった」という声があがっているそうです。

f:id:wakuwakutown:20221208135655j:image

しかし現実には、女性の育休取得が85,1%に対し男性の育休取得はR2度の全国平均が13.97%であり、国は2025年度までに30%とすることを目指している状況です。羽生市役所は、男性職員の育休取得を積極的に促進していると伺っていますが、1点目は現在の取得状況と促進のための取り組みについてお聞きします。

2点目は今後の取り組みについてお伺いします。制度の改正に伴い、雇用環境整備、個別周知、意向確認の措置が義務化となりました。特に、取得方法がわかりにくい制度ですので、厚生労働省は育休の制度等の周知リーフレット掲示、また育休時の業務を庁内でしっかり対応するため引き継ぎシートの導入を推進しています。特に業務の引継ぎに関しては、羽生市役所では課や係によって対応が違うということで、「埼玉県の男性育児休業取得マニュアル」にあるよう「業務遂行計画書」を活用することで、取得者は安心して休むことができ、また周囲も具体的な対応や、部署を超えた連携など対応策の選択肢が広がると考えますが、これらの導入についていかがお考えでしょうか。

f:id:wakuwakutown:20221208140930j:image

3点目は支援の体制として、相談窓口の設置と、自社の育休取得事例の収集・提供についても措置が義務化されましたが、羽生市では今後どのように取り組んでいくのかお伺いします。

男性が育児休業を相談しやすいということは、つまり心理的な安全が確保されている職場ということです。ぜひ羽生市全体として、子育てを支援していく環境を構築していければと思います。以上1項目目の質問といたします。

ーーーーーー

読んでいただきありがとうございました!

私自身、家族の突然の入院が立候補のきっかけでもあるので、子育てだけでなく「介護も病気も誰にでも起きること」ということが実感として強くあります。ぜひ育休などについて、身近な方と話していただけると嬉しいです。

次回はこれらの質問に対する羽生市からの答えをご報告していきますね^ ^

 

#育児・介護休業法 #産後パパ育休 #男性育休  #12月議会 #あと2回! #統一地方選挙 #応援よろしくお願いします! #さいとう万紀子 #羽生市 #埼玉県羽生市 #加須市 #行田市 #市議会議員 #羽生市議会議員 #女性議員 #羽生市議会 #市民ネットワーク #埼玉県市民ネットワーク #はにゅう市民ネット #みんなが主役のまちづくり 

 

ついにキタ!!羽生市男女共同参画推進条例(案)!

こんにちは、羽生市議会議員のさいとう万紀子です。今日はとっても嬉しいご報告が!!なんと羽生市でもついに、男女共同参画推進条例の制定に向けて、パブリックコメントの募集が始まりました〜(≧∀≦)!!!祝‼️

f:id:wakuwakutown:20221207155156p:image

▶︎パブリックコメント:「羽生市男女共同参画推進条例」(案) | 羽生市

条例とは市における法律のようなもので、議会の議決を経て制定されます。しかしこれまで、多くの自治体にある「男女共同参画推進条例」(全てのひとが尊重され、活躍することのできる男女共同参画社会を目指し取り組む、という内容)が、実は羽生市にはなかったんです。

これまで唯一の女性議員として、多様な声を反映することや政策決定の場に女性を増やすこと、市の男女共同参画の計画についてなど、議会で何度も取り上げてきた結果ついに!!

このたびの条例制定に向けた運びとなりました〜✨嬉しい!めでたい🎉‼️

しかもこの羽生市役所の皆さまが作成してくださった条例案、現在の社会状況を反映した素晴らしい内容になっているんです!

f:id:wakuwakutown:20221207151735j:image

まず意見(パブコメ)を募集するために、説明資料をつけてくれてる!丁寧!! 

▶︎https://www.city.hanyu.lg.jp/docs/2022111700035/file_contents/kaisetu.pdf

f:id:wakuwakutown:20221207152354j:image

この条例の基本的な考え方が7つあって、全てその通りなのですが、特に⑤の「性と生殖か関する健康と権利の尊重」、いわゆるリプロダクティブヘルスアンドライツへの言及がある!素晴らしい✨

f:id:wakuwakutown:20221207152551j:image

市の責務として、必要な体制の整備とともに財政上の措置のことも書いてくれてる!ありがたい✨✨

f:id:wakuwakutown:20221207152648j:image

審議会の設置も、委員の男女比が偏らないようにしっかり数字も載ってる!!

f:id:wakuwakutown:20221207152927j:image推進体制のための組織の構築および充実!期待しかない✨✨

などなど、ぜひ多くの皆さまに読んでいただきたい条例案となっています。

この条例が制定されることは「みんなの声を届きやすくする」ことであり、同時に「子どもたちの未来に向けて平等な社会にしていく」ための第一歩だと思っています!

ぜひたくさんの方にお読みいただきご意見を送ってほしいし、また今後とも取り組みにもご注目いただければと思います^ ^

 

#男女共同参画推進条例 #リプロダクティブヘルスアンドライツ #パブコメ募集 #ジェンダー平等   #さいとう万紀子 #羽生市 #埼玉県羽生市 #加須市 #行田市 #市議会議員 #羽生市議会議員 #女性議員 #羽生市議会 #市民ネットワーク #埼玉県市民ネットワーク #はにゅう市民ネット #みんなが主役のまちづくり 

令和4年度12月議会その2ー応援ありがとうございました!ー

こんにちは、羽生市議会議員のさいとう万紀子です。本日、無事12月議会、私の一般質問が終わりました。たくさんの方が傍聴に来てくださいました!本当にどうもありがとうございました😊

f:id:wakuwakutown:20221206143541j:image

(一部の方と写真撮影させていただきました^ ^)

一般質問では、車椅子がのりあいタクシーを利用できない件についても取り上げたのですが、当事者家族の方も傍聴に来てくださり、非常に心強かったです。

▶︎一般質問は12月6日!応援よろしくお願いします☆ - さいとう万紀子と羽生市わくわくまちづくり

今回の12月議会では、現在の物価高への支援策をはじめ、国民健康保険料の値上がりについてなど、非常に暮らしに密着したことが話し合われていて、ぜひたくさんの方に関心を持っていただけたらと思います!

…けれど、やはり議場のある市役所5階まで来るのはハードルが高いですよね…

f:id:wakuwakutown:20221206142115j:image

写真は以前のものですが、多くの場合、議会が開催されていても傍聴者は1人もいないことがほとんどです。ですが今日のように、多くの方が傍聴に来てくださり、「議会の様子をしっかり見ている」という状況は、議員はもちろん、答弁をする執行部にも緊張感が生まれます。

当たり前のことですが、議員は市民の声を届ける代理であり、また政治とは暮らしを豊かにするための手段のひとつです。また行政(羽生市役所)の目的とは、住民の福祉の増進を図ることが基本です(地方自治法一条のニ)。

手段を確実に実行していくためには、市民と執行部(市長)と議員が互いに干渉しあうことが大切です。

ぜひ今後とも、みんなで羽生の「まちづくり」を進めていければと思います!

#12月議会 #あと2回!#統一地方選挙 #傍聴ありがとうございました #さいとう万紀子 #羽生市 #埼玉県羽生市 #加須市 #行田市 #市議会議員 #羽生市議会議員 #女性議員 #羽生市議会 #市民ネットワーク #埼玉県市民ネットワーク #はにゅう市民ネット #みんなが主役のまちづくり 

Instagram

https://www.instagram.com/makikosaito92

Facebook https://www.facebook.com/makiko.saito.3154

 

12月議会ご注目ください☆ー議案質疑って?一般質問って?ー

こんにちは、羽生市議会議員のさいとう万紀子です。12月議会が真っ最中!今日は議案質疑が行われ、明日は私も一般質問。朝イチで登壇予定となっています。

f:id:wakuwakutown:20221205141349j:image

でも…議案質疑?一般質問?て… 馴染みのない言葉ですよね^^; 私も議員になるまで違いが分かりませんでした…(すみません)

f:id:wakuwakutown:20221205142428j:image

じゃーん、こちらが今回の12月議会で羽生市から提案されている21の議案(第60号から80号まで)となっております。どんなことにどれだけのお金を使うか、の予算はもちろんですが、今回は様々な条例改正や、指定管理者の指定など、ボリュームのある内容となっています。

指定管理者制度とは、公共施設の管理・運営を、株式会社をはじめとした営利企業NPO法人市民グループなど法人その他の団体代行させることができる制度のことです

f:id:wakuwakutown:20221205142521j:image

議案については例えば、「議案第68号羽生市個人情報の保護に関する法律施行条例」とだけ書かれていても内容が分からないので、参考資料や説明書を確認したり、自分でも様々な事前調査を行い、どんな内容の条例なのか、どんな意義があるのか、この条例ができることで誰にどんな影響があるのか、などなど、議案の内容について提案者(市長と執行機関)に質問することを「議案質疑」といいます。

f:id:wakuwakutown:20221205143958j:image

今回は予算についての質疑はもちろん、学校再編成審議会の人数に関する質疑、羽生市の個人情報保護に関する質疑、羽生市職員の育休取得に関する質疑、キヤッセ羽生の指定管理に関する質疑などなどを、本日議会でがっつり行ってきました。

f:id:wakuwakutown:20221205144637p:image

一般質問とは、議案のことだけでなく羽生市行政全般のこと(例えば子育て支援や教育環境のこと、上下水道や道路のこと、学校給食や観光のことなどなど)について、市長などの執行機関に対して現在の状況や将来に対する方針などを質問したり、あるいは「こういうやり方はどうか」と提案することをいいます。

私は明日の一般質問で、羽生市役所での男性職員の育休取得について②のりあいタクシーの車椅子対応について③審議会における託児の設置についての3点を取り上げる予定です!

▶︎一般質問は12月6日!応援よろしくお願いします☆ - さいとう万紀子と羽生市わくわくまちづくり

明日は9時半から開始予定となっておりますので、ぜひ市役所5階での傍聴や、またライブ中継も行われていますので、応援していただけると嬉しいです^ ^

▶︎羽生市議会 議会中継 | 羽生市

#12月議会  #あと2回! #統一地方選挙 #応援よろしくお願いします! #さいとう万紀子 #羽生市 #埼玉県羽生市 #加須市 #行田市 #市議会議員 #羽生市議会議員 #女性議員 #羽生市議会 #市民ネットワーク #埼玉県市民ネットワーク #はにゅう市民ネット #みんなが主役のまちづくり 

さん歩マルシェにいってきました♪

こんにちは、はにゅう市民ネットのさいとう万紀子です。いいお天気の日曜日、今日は平和公園で行われた「さん歩マルシェ」に行ってきました^ ^

f:id:wakuwakutown:20221204155239j:image

f:id:wakuwakutown:20221204155252j:image

今日の「さん歩マルシェ」は羽生市の「とまり木パークプロジェクト」のひとつで、平和公園八雲神社で定期的に開催されているイベントです。

「とまり木パークプロジェクト」とは、私たちの暮らしに身近な公園をもっと楽しめる場所にしよう!というための取り組みで、今日の「さん歩マルシェ」以外にも「青縞の市」や「むらきみマルシェ」「つむぐマルシェ」などが、市内の公園で定期的に開催されています。

▶︎【とまり木パークプロジェクト】公園に楽しみを作り出す出店者を紹介! | 羽生市

f:id:wakuwakutown:20221204161759j:image

f:id:wakuwakutown:20221204161343j:image
f:id:wakuwakutown:20221204161340j:image

f:id:wakuwakutown:20221204161625j:image

今日のさん歩マルシェでは、キッチンカーやコーヒー屋さん、洋服や可愛い雑貨などの販売がありました。

f:id:wakuwakutown:20221204165952j:image
f:id:wakuwakutown:20221204165955j:image

f:id:wakuwakutown:20221204170033j:image

私は@tomohime0202さんのサーターアンダギーや、@casamia0804さんのチキンクリームスープを購入し、うちに戻りランチで美味しくいただきました😆

f:id:wakuwakutown:20221204170430j:image

いいお天気の平和公園には、たくさんの子どもたちや保護者の方が楽しそうに過ごしてて、横ではマルシェがやってて、ちょっとコーヒーを飲んだり、外でランチを食べたりって、すごーく素敵な時間だなと思います。

みなさま、ぜひ「とまり木パークプロジェクト」に足を運んでみませんか^ ^

 

#とまり木パークプロジェクト #さん歩マルシェ #さいとう万紀子 #羽生市 #埼玉県羽生市 #加須市 #行田市 #市議会議員 #羽生市議会議員 #女性議員 #羽生市議会 #市民ネットワーク #埼玉県市民ネットワーク #はにゅう市民ネット #みんなが主役のまちづくり 

楽しく食べよう!美味しい給食!2022.12.5追記

こんにちは、小学生2人を子育て中の羽生市議会議員、さいとう万紀子です。我が家の子どもたちは給食大好きなのですが、ずっっっと気になっていた「給食中のおしゃべり禁止」、いわゆる黙食について、文部科学省が11月29日に初めて「黙食不要」を明文化しました。

f:id:wakuwakutown:20221201120607j:image
f:id:wakuwakutown:20221201120604j:image

▶︎給食の「黙食」どうなる?文部科学省が通知「適切な対策で会話可」 | NHK

羽生市教育委員会に確認したところ、これまで羽生市では、埼玉県教育委員会からの通知に基づき、基本的な感染防止対策のひとつとして「食事中の会話禁止」を指導している、とのこと。

まわりの保護者や子どもたちに給食中のおしゃべりについて聞いたところ、やはり「おしゃべりすると注意される」「喋っちゃだめと言われてる」「少しなら怒られないけど基本的に黙食」「喋らないようにしている」と教えてもらいました。

f:id:wakuwakutown:20221201121303j:image

(埼玉県教育委員会からの通知)

羽生市教育委員会では、文部科学省からの「黙食不要」についてはニュースでは聞いたものの、まだ現場までは届いていないということですが、通知が届き次第すべての学校に伝える、ということで、私からも校長先生だけでなく「先生方一人ひとりに伝えてほしい」と羽生市教育委員会にお願いしてきました。

f:id:wakuwakutown:20221201122833j:image

▶︎黙食緩和…入学して初めての”話せる給食”「話しながら食べるのはすごい楽しい」 名古屋- 名古屋テレビ【メ~テレ】

名古屋市や福岡市ではすでに黙食が緩和され、入学してから初めての「おしゃべりしてもいい給食」に、楽しかったー!と笑顔で話す子どもたちが報道されています。(緩和による感染拡大もないということです)

もちろん様々なご意見があると思いますが、喋ったらダメ」という日常的なストレスを与えていることに、大人はもっと真剣に向き合わないといけないと思うし、給食をみんなで楽しんで食べたり、いろんな行事を行なったり、笑顔の増える学校生活になる環境を、保護者として、議員として、大人として支えていかなければ、と思います。

2022.12.5追記

羽生市では12月2日の金曜日に県から「黙食不要」の通知が届き、市教育委員会から同日、すべての小中学校へ通知を送り、また全校長先生にもその旨を直接伝えてくださったそうです。ぜひお子さんに、給食時のお喋りについて聞いてみてくださいね。

#黙食不要 #たのしい給食 #学校 #さいとう万紀子 #羽生市 #埼玉県羽生市 #加須市 #行田市 #市議会議員 #羽生市議会議員 #女性議員 #羽生市議会 #市民ネットワーク #埼玉県市民ネットワーク #はにゅう市民ネット #みんなが主役のまちづくり 

こんな社会にしていきたい!埼玉県市民ネットワーク政策2023

こんにちは、はにゅう市民ネットのさいとう万紀子です。2019年に市民ネットのみんなと初めての選挙に挑戦し、もう3年半…!早っ!

みなさま、いつも応援どうもありがとうございます😭✨市議会議員の任期は1期4年ですので、残すところ定例議会もあと2回となりました!

ということで来年度に向け、私が所属する市民ネットワークでは、この度【埼玉県市民ネットワーク政策2023】を作成し、11月26日にオンラインでその発表会をおこないました。

f:id:wakuwakutown:20221129095603j:image

埼玉県市民ネットワークは、埼玉県内12の自治体にある地域政党で、現在1人の県議と6人の市議会議員が所属しています。

▶︎埼玉県市民ネットワーク

普段はそれぞれのまちで活動していますが、“こういう社会をつくりたい!”という市民ネットの共通の目標があり、それを今の社会状況や社会議題に合わせて作成したのが、今回の【埼玉県市民ネットワーク政策2023】です。

私もこの政策の作成に関わりましたが、様々な専門家の方にお話しを聞いたり、市民ネット内はもちろんたくさんの方々と意見交換したり、そして何度も何度も何度も会議をして出来上がった「こんな社会にしていきたい!」という提案書となっています。

f:id:wakuwakutown:20221129102430p:image

〈つながる 共に生きる 私たちのまち〉をベースとし、

①持続可能で豊かな循環型社会 

②子どもや若者の権利を尊重し、誰もが自分らしく育つ 

③その人らしく働き、人間らしい暮らしの保障 

④年をとっても障害があっても元気に暮らせる地域 

⑤福祉・環境に配慮した防災・減災対策 

⑥多様性を認め合うジェンダー平等社会 

⑦市民が主役のまちづくり

をキーワードとした7つを柱として、その下にさらに具体的な76の政策行動も作成しました。

76全ての政策は、今後またホームページ等でご紹介していく予定ですが、例えば②の子どもと若者に関する具体的政策として、

不登校の子どもに寄り添う仕組みづくりや居場所づくり支援、各自治体における子どもの権利条例の制定、プレーパークの常設、引きこもり相談支援窓口の拡充、里親制度の周知啓発、インクルーシブ教育の推進、特別支援学校の過密化解消、制服や算数セットなど学用品の保護者負担の軽減、ブラック校則の見直し、スクールソーシャルワーカーやカウンセラーの増員、包括的性教育の推進…

などなど現在の社会課題に合わせて、かなり丁寧に細かく作成しました!

この埼玉県市民ネットワーク政策2023をもとに、それぞれの自治体の状況にあわせた政策や取り組みを行なっていきますので、「はにゅう市民ネットワーク政策2023」ができましたら、またご報告させていただきます!どうぞお楽しみに(^ν^)

 

#埼玉県市民ネットワーク #市民ネット政策2023  #12月議会 #あと2回 #統一地方選挙 #応援よろしくお願いします #さいとう万紀子 #羽生市 #埼玉県羽生市 #加須市 #行田市 #市議会議員 #羽生市議会議員 #女性議員 #羽生市議会 #市民ネットワーク #埼玉県市民ネットワーク #はにゅう市民ネット #みんなが主役のまちづくり